東京都練馬区光が丘3-9-2 光が丘IMAクリニックモール内

性行為感染症の治療

尖圭コンジローマ

 尖圭コンジローマは性器や肛門のまわりに2~3mm前後のイボが多発する病気です。尖圭コンジローマが起こる原因は、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルスの感染です。ほとんどがセックスやそれに類似する行為により感染する性感染症の一つです。他の性感染症と同様に、10代後半から30代、特に20代に多く見られます。パートナーなどへの感染を防止するためにも、積極的な治療が必要です。

尖圭コンジローマの治療法

お薬による治療

尖圭コンジローマ治療薬として世界の75以上の国と地域で使われている塗り薬(クリーム)が、日本でも2007年12月より健康保険が適用される薬として発売されました。自宅でイボに直接塗って治療することができ、瘢痕(傷跡)などを残す可能性が少ないですが、塗った部位の紅斑(赤み)、びらん(ただれ)、表皮剥離(表皮のはがれ)などの皮膚障害が高い頻度であらわれ、完治まで時間がかかります。

外科的な治療

いずれも外来で小手術として行われます。

  1. 凍結療法 液体窒素で何回か凍らせて取り除く治療法です。
  2. 焼灼 電気メスでいぼを焼き除去する治療法です。
  3. 外科的切除 メスでいぼを切り取り縫合する治療法です。

当院ではお薬による治療と外科的治療を組み合わせて行っています。

クラミジア感染症

日本におけるクラミジア感染者数は100万人以上と言われ、感染者が一番多い性感染症です。クラミジア・トラコマティスという病原体が原因で、男性の場合は主に尿道炎を生じ、女性の場合は膣炎となります。 クラミジア感染症は症状が軽いため、男性・女性ともに、感染しても症状を感じにくく、気づかないままパートナーへ移してしまうことがあります。特に女性の場合は症状がほとんど出ないために、妊婦健診で検査をしてみて初めて感染に気づくというケースも少なくありません。クラミジアにより卵管炎を生じ、不妊症の原因になったりしますのでご注意下さい。 また、クラミジアに感染していると、HIVへの感染率が3~5倍に増えると言われています。

診断は男性の場合、尿を使うか尿道の細胞を擦り取って検査します。女性は子宮頚管の分泌物を拭い取って検査します (あまり痛みはありません) 。検査結果が出るまで約7日間必要です。

治療について

来院時にはクラミジア感染症と診断できないため治療はまず雑菌にもクラミジアにも効果のある抗生物質を処方します。 7日後にクラミジアと診断された場合はクラミジア専用の抗生物質を処方します。

 

淋菌感染症

「淋菌」に感染して起こる性感染症です。1回のセックスでの感染率が約30%と高く、また、淋菌に感染した人のうち、クラミジアに同時感染している人が20%~30%いると言われています。また、薬が効かない「耐性菌」が増えているため、正しい治療を受けなければ完治せず、次々に感染を拡げてしまう危険性があります。
紺色の固まりは白血球の核で、その周りの淡い部分が細胞質です。この細胞質内に双球菌(二つの菌体がペアになっている菌)を認めます。これが淋菌です。
診断は男性の場合、尿を使うか尿道からでる膿の一部を取って検査します。女性は子宮頚管の分泌物を拭い取って検査します (あまり痛みはありません) 。また淋病に感染した方の25%くらいにクラミジアの感染が合併していますのでこれに関しては尿を用いて、クラミジアの遺伝子検査をします。結果が出るまでには約1週間必要です。

治療について

淋菌に有効な抗生物質を使います。薬の効かない「耐性菌」が増えているため、飲み薬での治療は効果がないことも多く、その場合は点滴による治療が必要になります。治療は必ずパートナーと一緒に行わなければ意味がありません。治療中の性交渉は厳禁です。

性感染症がご心配の方へ

性感染症には 尿路、膣に感染をする淋菌感染症や性器クラミジア感染症、主に皮膚から感染をする梅毒、性器ヘルペス、尖圭コンジローム、毛の生えているところに移るケジラミ、全身疾患であるAIDSなどがあります。いずれも当院で検査治療が可能です 。ご心配な方は診察にお越し下さい。

ページトップへ

© 医療法人社団咲良会 さくまクリニック
〒179-0072 東京都 練馬区光が丘3-9-2 IMA南館2F
TEL 03-6904-2656