東京都練馬区光が丘3-9-2 光が丘IMAクリニックモール内

女性の泌尿器疾患

女性の泌尿器科疾患(女性泌尿器科)

急性膀胱炎

膀胱炎は女性に多い病気で、ほとんどは尿道から大腸菌をはじめとする細菌が入り込んで起こります。特に女性は尿道が短く、菌が膀胱に入りやすいので膀胱炎になりやすく、繰り返す方も多いようです。

 

膀胱炎の主な症状

  • 排尿痛
  • 頻尿
  • 排尿時の不快感
  • 血尿

治療方法は?

治療としては抗生物質や抗菌剤を投与すると8割はよくなります。数日薬を服用した後、自覚症状がなくなり、尿検査で菌が消失すれば内服薬を中止できます。以前は膀胱炎はどんな抗生物質を飲んでも効きましたが、最近は耐性菌が多く存在するため、細菌検査で薬剤感受性を見つつ薬を選択しないと、簡単に慢性化するようになりました。そういう意味でも泌尿器科での治療をお勧めいたします。

早く良くなるためのポイントは?

まずは薬をきちんと飲み、水分をいつもよりたっぷりと取ってください。薬を飲むときはたっぷりの水で飲み、20~30分は横にならないようにします。症状を早く軽減させるためにも、薬はきちんと指示どおりに飲みましょう。普段より尿を我慢しない、水分を多く摂る、性交後は必ず排尿するなどの予防法が効果的です。

過活動膀胱

過活動膀胱とは?

過活動膀胱の症状は、「頻尿(トイレが近い)」「尿意切迫感」「切迫性尿失禁」の3つの症状です。どれか1つがあてはまれば過活動膀胱の可能性があります。40歳以上の12.4%に過活動膀胱の症状があり、その割合は年齢とともに増加していることが分かりました(右図)。日本の人口に換算すると、810万人の過活動膀胱の患者さんがいると推定されています。実際に悩んでおられる方は実は大変に多いのですが、恥ずかしいので我慢している方がほとんどです。悩んでいるのは、あなただけではありません。ひとりで悩まず、専門医に相談してみましょう。

→過活動膀胱症状問診票

過活動膀胱の症状

  • 頻尿(トイレが近い)

人がトイレにいく回数は、日中で5~7、寝ている間は0回が正常と言われています。日中が8回以上トイレにいき、夜間は1回以上トイレのために起きるなら、それは頻尿症状だと言えます。

  • 尿意切迫感

人は、最初に尿意を感じてから1時間くらいはおしっこを我慢できます。しかし尿意切迫感は強い尿意が突然訪れるとともに、一度その尿意を感じると我慢することが難しく、トイレにかけ込まなければなりません。

  • 切迫性尿失禁

ふいに尿がしたくなってその高まりが急なため、トイレに着くまで我慢できずにもらしてしまうのが尿失禁です。

過活動膀胱の原因は?

脳梗塞・脳出血などによるものを除けば、いくつかの原因が複雑にからみあって特定できないものや加齢によるものが、実際には最も多く存在しています。症状による診断だけでは他の病気(膀胱がんや結石、膀胱炎)との見分けができないケースがあるので、症状にお困りの方や気になる方は泌尿器科の受診をおすすめします。

過活動膀胱の治療は?

過活動膀胱の治療は、まず薬物療法を行うのが一般的です。抗コリン剤という内服薬でかなりの割合で効果が期待できます。また、膀胱訓練で排尿間隔を広げるようにもしていきます。尿意切迫感を感じても慌てずに深呼吸して、膀胱の収縮の波がおさまったところでトイレにいくようにしたり、骨盤底筋体操でこらえるコツをつかみましょう。毎日の生活の中でも、下半身を冷やさないようにしたり、水分摂取バランス(摂らなすぎたり、摂りすぎたりしないよう)に気をつけていれば尿のトラブルを軽減させることができるポイントがたくさんあります。

腹圧性尿失禁

急に立ち上がった時や重い荷物を持ち上げた時、咳やくしゃみをした時など、お腹に力が入ったときに尿がもれてしまうのが腹圧性尿失禁です。女性の4割を超える2000万人以上が悩まされていると言われています。

腹圧性尿失禁の原因は?

女性のからだの中の骨盤には、膀胱、尿道、子宮、直腸といった臓器があります。

これらは骨盤底の骨盤底筋という、筋肉や靭帯の束によって、しっかり支えられています。しかし、この骨盤底の筋肉が出産や加齢、女性ホルモンの低下などによってゆるんでくると、膀胱や尿道がぐらぐらしてしまい、しっかり支えられなくなるので、尿道がうまく閉じずに、おしっこが漏れてしまうということが起きてきます。40歳以上の女性の8人に1人が腹圧性尿失禁の症状があると言われています。

腹圧性尿失禁の治療は?

軽い「腹圧性尿失禁」の場合は、骨盤底筋体操で尿道のまわりにある外尿道括約筋や骨盤底筋群を強くすることで、かなりの改善が期待できます。骨盤底筋訓練などでは改善しない場合、または不満足な場合はお薬による治療や手術となります。最近ではポリプロピレンメッシュのテープを尿道の下に通してサポートするというTVT/TOT手術が長期成績も良好で、侵襲性が低いことでも優れています。まずは症状の程度や他の病気の有無など確認するためにも、お困りの方や気になる方は泌尿器科の受診をおすすめします。

当院では骨盤底筋体操のパンフレットをお渡しし、指導を行っております。

ページトップへ

© 医療法人社団咲良会 さくまクリニック
〒179-0072 東京都 練馬区光が丘3-9-2 IMA南館2F
TEL 03-6904-2656